プライムテック Webinar アーカイブ
[オンデマンド配信]

これまで弊社で実施したウェビナーのうち、視聴可能なセミナーをご覧いただけます。
ご覧になりたいセミナーを選択し、『視聴する』をクリックしてください。

前臨床研究における重要な視点:実験小動物の麻酔とバイタルモニタリングの最新情報

前臨床研究において用いられる実験小動物、特にマウスやラット、ハムスターといった小型げっ歯類に全身麻酔を施す際は、過麻酔や体温低下による死亡事故や覚醒後の予後不良のリスクを抑制するために、心拍数や呼吸、...

セミナー詳細へ

実験小動物の薬物投与・採血手技における課題とそのソリューション ~より高い再現性の実現と動物ストレス軽減へ~

今日の創薬・治療法開発を目指した基礎研究において、マウスやラットといった実験小動物を用いた薬物投与および採血操作は、医薬品や再生医療などの基礎研究において欠かせない手法です。 しかしながら、サイズの小...

セミナー詳細へ
表紙:中枢神経系疾患とミトコンドリア呼吸の関係性 ~Agilent Seahorse XFテクノロジーを用いた疾患研究への応用~

中枢神経系疾患とミトコンドリア呼吸の関係性 ~Agilent Seahorse XFテクノロジーを用いた疾患研究への応用~

神経変性疾患には、アルツハイマー病、パーキンソン病、萎縮性側索硬化症(ALS)、前頭側頭型認知症(FTD)、レビー小体型認知症などの中枢神経系(CNS)疾患が含まれています。また、神経系の機能を維持す...

セミナー詳細へ

リアルタイムライブセルイメージング「CELLCYTE X™」のご紹介 ~連続したイメージングによる生物学的事象の解明に貢献~

細胞生物学においてはエンドポイントアッセイを行うことが多く、ある単一のタイムポイントにおける細胞の挙動に関する結果を得ることができます。これに対し、近年、一定期間内におけるタイムポイントごとのデータを...

セミナー詳細へ

In Situ ハイブリダイゼーション(ISH)の事例紹介 ~高品質なISH用サンプルの準備から空間ゲノミクス解析システムを用いた最新事例紹介~

空間ゲノミクス技術の発達と共に、組織をサブセルラーレベルで遺伝子の空間構成をプロファイリングできるようになった。また、高品質の空間解析データを取得するため、サンプルのRNA品質を確保することが重要であ...

セミナー詳細へ

全自動合成生物学ワークステーション「BioXp™3250」のご紹介 ~抗体医療などのバイオ医薬品開発のボトルネック解消に貢献~

合成生物学(Synthetic Biology)とは、in silico上で生物のゲノムを人工的にデザインすることを目的としたコンピュータ工学と遺伝子工学を融合させた学問分野です。近年では抗体医薬品開...

セミナー詳細へ

実験小動物における睡眠、覚醒、呼吸計測 ~ピエゾセンサー技術による睡眠計測技術とその活用事例について~

『睡眠』とは脊椎動物を始めとする動物に備わっている機能です。睡眠中は意識を失い不動化した状態となりますが、これほどの種の生存に相反する機能が、進化の過程を経てもなお今日まで保存されている事実は不思議で...

セミナー詳細へ

自由活動下の実験小動物における生理指標計測 ~テレメトリー計測技術とその応用事例について~

基礎研究から創薬研究に至る前臨床研究において動物の生理学的な指標データ(血圧、体温、心電図など)をより自然な状態で記録し評価することは、生体機能・応答を理解するために理想的な手段であり最も求められるフ...

セミナー詳細へ

生活習慣病モデルおよび関連疾患モデルにおいて身体組成に着目したDXA法評価事例のご紹介

マウスやラットといった実験小動物を用いた前臨床研究において、非侵襲的に計測された体組成指標(骨密度、筋肉量、体脂肪量など)は、様々な病態モデルの病態進行や治療効果を評価するバイオマーカーとして近年注目...

セミナー詳細へ

超高感度なバイオマーカー測定法のご紹介

イムノアッセイは免疫反応を用いた抗原あるいは抗体を検出・定量する方法の総称です。生体試料中のタンパク質バイオマーカー分析に応用できるため、PK/PD研究、診断などに用いられています。現在開発されている...

セミナー詳細へ

MRIをより身近な研究ツールに!永久磁石型コンパクトMRIシステムの最新動向

MRIは核磁気共鳴現象を利用して生体内の特定原子核から発信される電波を収集・画像化し、生体組織の形態学的特徴および機能学的特徴を研究者が知ることのできるイメージングモダリティです。すでに臨床現場におい...

セミナー詳細へ

タンパク質の特性解析における強力な新規ツールとその活用事例のご紹介

バイオ医薬品開発においてタンパク質の特性解析は必要不可欠であり、様々なツールが用いられています。RedShiftBio社製AQS3pro及びApolloは分光学的手法によるタンパク質の特性解析により、...

セミナー詳細へ

【実践】実験小動物の超音波エコー検査ガイド~心血管研究領域~

Fujifilm Visualsonics社が提供するVevoシリーズは、発売から20年以上にわたりマウスやラットといった実験小動物の超音波エコー検査に特化した技術開発が成されてきました。テクノロジー...

セミナー詳細へ

XF基礎ウェビナー第1回: はじめよう、代謝測定!~初心者歓迎!! 細胞外フラックスアナライザーで捉える新たな世界~

代謝変化は様々な生命現象に先んじて起こり、細胞の機能や特徴をリアルタイムに反映する重要なイベントです。とはいえ代謝経路は複雑で、重要であることは分かっていても「何を」「どうやって」評価すれば良いのか分...

セミナー詳細へ
プライムテック株式会社

ライフサイエンス研究においては、分子生物学的なアプローチから実験動物学的なアプローチまで、 多角的な手法によって、統合的に実験結果を求められることが増えています。

この背景を踏まえ、統合的ソリューションとして、分子・細胞から個体レベルまで幅広く対応する各種研究機器の ラインナップと、それらを効果的かつ安定して運用して頂くための、各種サービス・サポートをご提供させて頂いております。
 

詳しい製品情報やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Mail:sales@primetech.co.jp

TEL:東京本社 03-3816-0851/大阪営業所 06-6310-8077